HOME >リニューアル工事>建物劣化調査・診断

建物劣化調査・診断

 どんな頑丈な建物にも平等に起こりうるのが、風雨や日照、大気汚染、建物の寿命などを原因とする劣化です。だからこそ私たち人間の体と同じように、建物にも定期的な点検と早期発見による改修工事などの“健康管理”が必要なのです。

 建物の修繕工事や改修計画を行う為の時前準備として、建物の劣化状況を正確に把握することが不可欠です。ムトウの熟練技術者が的確な診断を行い、調査結果に基づいて、最適な改修工事のご提案を致します。



赤外線調査

赤外線映像装置により外壁タイル
やモルタルの浮きを調査する。

太陽エネルギーを利用して、対象
箇所における赤外線量(物体から
放出される赤外線量)を赤外線映
像装置により、映像として二次元
表示させ、温度差の違いにより異
常部(浮き・はらみ)を検出する。

 

コンクリート強度調査

NR型シュミットハンマーにりコンクリート強度を推定する。

 

仕上げ材付着力強度試験

建研式接着力試験機にり仕上げ材の付着力強度を測定する。

中性化試験
  

フェノールフタレイン法にてコンクリートの中性化深さをスケールまたはノギスにより測定する。

設備配管調査

内視鏡(ファイバースコープ)にて、給水管および排水管内の劣化状況を確認する。